墓石は石とデザインによって価格が変わる|素敵なお墓を建てるために

2つのダンボール

最後の掃除がポイント

故人の持ち物を整理する遺品整理は、遺族のやらなければならない作業のひとつです。人手が足りない場合には、名古屋で便利屋を探すことをおすすめします。最後の掃除まで依頼することが可能なので、時間がない方におすすめです。

自由なデザインも可能

女性

親族が亡くなった場合、遺骨をお墓に納骨するという方が日本ではほとんどです。お墓を新しく建てる場合には、まず石材店を選ぶ必要があります。元となる石を選び、デザインを決めてから職人さんに作成してもらうという流れが多いでしょう。墓石の元となる石についてはどれも同じように思われるかもしれませんが、同じグレーでも白系や青系など様々な色味があります。模様もよく見るとひとつひとつ異なるため、実際に自分の目で見て気に入ったものを選ぶことをおすすめします。また、石によって硬度やキメが異なるのですが、硬度やキメが細かい石ほど価格が高くなります。良質な墓石にしたいと考えるのであれば、硬度やキメの細かさに注目して石を選ぶとよいでしょう。また、石にもブランドがあり、国産の庵治石や内垣石は特に有名なため価格が高いことが多いです。また、墓石のデザインによっても価格は変わります。最近では、故人の好きだったものをモチーフとするなど、自由度の高いデザイン型墓石も人気となっています。デザイン型の場合は、依頼するデザインによって平均よりも高価になることがあるでしょう。建てたいお墓のイメージが固まっているという方は、墓石の価格がどれくらいになるか見積もりを出すことができるサイトを利用して、どれくらいの価格になるかをシミュレーションすることが可能です。使用したい石とデザインなどを指定することで、複数の石材店からの見積もりを手に入れることができるのです。無料で利用できるところがほとんどですし、石材店を決める際の参考にもなりますので活用してみるとよいでしょう。

葬儀会場

火葬場も併設

桐ケ谷斎場は人気の高い斎場ですが、利用するためにはまず先に葬儀社を決める必要があります。予約は申し込み順になりますので、比較サイトなどを活用して早めに葬儀社を決めることをおすすめします。

墓地

こまめにお参りに行く

お墓の近くに親族が誰もいないのであれば、自宅の近くにお墓を引っ越しさせるというのもひとつの手段です。自宅の近くにお墓が来ることで、よりこまめにお参りに行くことができるのでよいでしょう。